SONY/ソニー KDL-40X1-T(ブラウン) BRAVIA/ブラビア 【送料無料※お届けは玄関先まで】 人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : ムラウチ
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 264,600円

★ SONY/ソニー 液晶テレビ KDL-40X1-T(ブラウン) BRAVIA/ブラビア 【送料無料※お届けは玄関先まで】 (KDL40X1) 特徴・機能 どんな商品? 発売日:2008年10月10日ブラビアエンジン2プロを搭載し、リアリティー豊かな映像を再現。インテリアとしてのデザインの美しさも追求した■映像のさらなる高解像度化、高い鮮鋭感を実現し、すべての映像信号をリアルに表現:新高画質回路「ブラビアエンジン2プロ」SD信号からハイビジョン放送などのHD信号にいたるまで、それぞれの画像の特性に合わせて解像度創造を行うソニー独自のDRC(デジタル・リアリティー・クリエーション)の映像処理能力をさらに向上させた「DRC-MF v3」を搭載。映像のさらなる高精細さを実現し、被写体のもつ質感や艶、奥行き感をよりリアルに再現します。さらに、映像信号に混在するノイズを最適なデジタル処理によってノイズ成分を摘出し大幅に低減。リアリティーあふれる映像を堪能できます。■視野角上下左右178度上下左右178度の視野角。ほぼ真横から見ても、画面の色をしっかり保ちます。■ライブカラークリエーション 従来のCCFL方式のバックライトがもつ光の三原色の色域では、純粋な色の再現が困難でした。「ライブカラークリエーション」は、新しく開発された蛍光体、新しく開発されたエッジライトLED、光の三原色を独立して持つRGB LEDにより、それぞれの光源においてより鮮やかで純度の高い色を再現します。光の波長のサブピークを抑えることで混色を大幅に抑え、赤・緑・青の純度を高め、従来のCCFL方式にはない色鮮やかさと微妙な色合いを再現します。■よりリアルな色彩を再現する“x.v.Color”対応この規格に対応したカムコーダーなどの機器との組み合わせで、映像の広色域化を実現。「ライブカラークリエーション」の能力を最大限に引きだし、目で見た色に近い豊富な色彩を映しだします。いままで再現しきれなかった鮮やかな花の色や、南国の海の美しい青緑色などをより忠実に再現します。■撮影時のぼやけを改善する「IBリダクション機能」1/60秒(60i)や1/24秒(24p)の連続する静止画を撮影するカメラでは、その間(1/60秒間や1/24秒間)に動くものを撮影した場合、映像に「ぼやけ」が発生します。「モーションフロー」は業界で初めて、その「ぼやけ」を検知し、補正する技術(IBリダクション機能)を搭載。この補正後のくっきりとした映像をもとに中間のコマを増やす処理をするため、よりくっきりとした映像を再現します。■1秒間24コマでつくられた映画の映像をいっそう、なめらかに表現1秒間24コマ(24p)で撮影された映画などの映像の場合、映像と映像の間に4枚ずつの補間映像をつくりだし、挿入します。これにより、1秒間に120コマの映像となり、くっきり・なめらかな画質でテレビに映しだします。■フルHDパネルハイビジョン放送(1080i)の解像度をそのまま再現できる「フルHDパネル(水平1.920×垂直1.080画素)」を搭載。より緻密でなめらかな映像を再現します。■アドバンスト・コントラストエンハンサー映像の明るさを自動的に判別し、バックライトおよびコントラストを最適に調整します。■映画館のような音場をつくりだす「S-Force フロントサラウンド」映画館で使われているマルチサラウンドスピーカーシステムの音場をテレビのスピーカーだけでバーチャルに再現。横から後ろへと音の動きがある立体的な音声を体感できます。広い視聴エリアでの立体的な音響空間の創出を実現し、横並びで鑑賞するような場合でも、リアルな音の動きと広がりを体感できます。■デジタルアンプ回路デジタル回路により、ひずみの少ないクリアな音声を出力します。■かんたん、快適な新しい操作性「おKDL-40X1-T(ブラウン) BRAVIA/ブラビア 【送料無料※お届けは玄関先まで】 スペック情報発売日2008年10月10日画面サイズ/スタイル/形状40V型/ワイド/液晶外形寸法W95.3×D27.9×H68.4cm本体重量25.5kg定格消費電力235W年間消費電力217kWh/年アナログチューナー●デジタルチューナー●Wチューナー●(地上デジタル BS・110度CSデジタル)CATVチューナー●CATVパススルーD端子●D5:2S入力端子(前面/背面)●1ビデオ入力端子(前面/背面)●3i.LINK(IEEE1394)端子-HDMI端子●4パソコン入力●D-sub15ピン(音声:ステレオミニ)

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。