【送料無料】★日立 50V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョンプラズマテレビ(250GB HDD内蔵 録画機能付)Wooo【税込】 P50-XR02 [P50XR02] 人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : Joshin web 家電とPCの大型専門店
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 368,000円

在庫状況:お取り寄せ2008年04月 発売業界最高クラス※1のコントラスト比30000対1※2を実現した新開発「1080フルHDブラックパネル」搭載。250GBの内蔵HDDと、別売の着脱可能なカセットHDD「iVDR-S」に対応したスロット「iVポケット」を搭載し、録画容量の増量を可能としました。【高画質】●“漆黒”の表現力と業界最高※2輝度1600cd/m2を実現した「ボックス・リブ構造」微細な光源の集合体であるプラズマパネル。この光源をひとつひとつ囲むことで光漏れを防ぎ、黒をより黒く再現します。「1080HD ブラックパネル」は電極をハイブリッド駆動させ、映像シーンに応じて発光画素と発光回数を制御することで、黒く締まった映像においても、業界最高※2のピーク輝度を達成しました。●高コントラスト30000:1新ブラックパネルは、黒の再現性を大幅に高め、30000:1というハイコントラストを実現。映画などの暗いシーンも階調豊かな映像を楽しめます。●プラズマならではの優れた動画性能動きのあるシーンを鮮明に映し出す表現力、その優劣を示す指標が「動画解像度」です。本数が多いほど動画性能が優れていることを示します。プラズマテレビWooo P50-XR02は、動画解像度900本※5を実現。スポーツ中継など動きの速い映像もくっきり鮮やかに表現します。●豊かな色彩で階調をなめらかに表現「Deep Color対応」微妙な色のグラデーションを表示するには、なめらかな階調表現が欠かせません。Woooは、Deep Colorに対応することで、自然なグラデーションを表現できるようになりました。●映像コンテンツの色彩をありのままに再現「x.v.Color対応」動画色空間の国際規格である「xvYCC」に準拠した"x.v.Color"に対応。目で見た色に近い豊富な色彩を映し出し、今まで再現しきれなかった色を、より忠実に再現します。●ボタンひとつですぐに録画「Woooで録画」録画機能を搭載したWoooなら、番組を録画するとき、別にレコーダーと接続する必要がありません。リモコンのボタンひとつで、テレビ本体に内蔵されたHDDや、カセットHDD「iVDR-S(別売)」に、きれいに残せます。▲ハイビジョン画質でたっぷり録れるHDD内蔵(250GB)Wooo本体に内蔵されたHDDは250GB。容量を気にせずに番組録画が楽しめます。地上デジタルハイビジョン放送やBSデジタルハイビジョン放送を、ハイビジョン画質で録画できるのも魅力です。▲カセットHDD「iVDR-S(別売)」対応スロット「iVポケット」・簡単録画「iVDR-S」(別売)をiVポケットに差し込めば、すぐに録画が始められます。 ・容量自由自在録画容量が足りなくなっても、新しいディスクで容量を増やせるので安心。・自分だけのマイディスク家族ひとりひとりがディスクを持ったり、番組のジャンルごとに楽しめます。ディスクを使い分けたり、それぞれのスタイルで録画を楽しめます。※1 「1080フルHDブラックパネル」:日立プラズマディスプレイ株式会社製※2 業界最高クラス:2008年4月現在、日立調べ■カラー:-■画面サイズ:50V型(16:9)■外形寸法(幅×高さ×奥行):124.2cm×80.4cm×10.4cm■[スタンド含む](幅×高さ×奥行):124.2cm×86.4cm×36.6cm■質量:約43.1kg■[スタンド含む]:約49.5kg■電源:AC100V■消費電力:549W■年間消費電力:430kWh/年■画素数:水平1920×垂直1080■コントラスト比:30000:1■地上アナログ/地上デジタル/BSデジタルチューナー数:1/2/2■2画面機能:有り■最大番組表表示局数:8■録画機能:有り■インターネット機能:無し■HDMI入力端子数:3■D映像入力端子数:D4×2■PC入力端子:無し■付属品:リモコン、単3形乾電池、B-CASカード、電源コード、保証書、取扱説明書、かんたん操作ガイド▼ご注意▼ 以下の【こんな商品にも興味をもっています】欄の商品は、当ページ商品との機能的関連商品の意味合いはございません。AV機器>プラズマテレビ▲この商品の該当カテゴリページへは、こちらから参照できます。送料無料特典:Joshin web では送料が無料になる高額購入割引特典がございます! 詳しくは「Joshin web のご案内」をご覧下さい。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。